無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
データ復旧会社の優劣を見極める方法
・実績が豊富で復旧率が高い所
・物理障害ディスクの復旧が自社内で完結できるほどの高い技術力を持っている所
・復旧のための十分な設備と機材が整っている所
・情報漏えいの問題に関し、十分な知識と対策を実施している所
・各種ツールをはじめとして、解析プログラムを自社開発できる能力を持っている所
・対応メディアの種類が多い所
・顧客に最善を尽くす姿勢を常に持ち続け、「1秒でも早く復旧すること」を目標にしている所。


これらのポイントを目安にデータ復旧サービス会社を選定したらいいかと思われます。
| toooom | データ復旧 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市販の復旧ソフトと業者のデータ復旧の違いは?
市販の復旧ソフトを使ってデータを復旧させる場合、比較的症状が軽くBIOS上で認識可能な状態に限られるうえ、残った情報の一部を書き換えてしまう可能性もあります。また、物理的な障害がある場合はほとんど復旧が困難になります。

パソコン上で認識しないものや、復旧ソフトで対応できないものでも業者なら復旧可能です。誤って削除したもの以外は自身で復旧を試めさず、プロにまかせることをお勧めします。
| toooom | データ復旧 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
消えたデータがなぜ復旧できるの?
データが消えたといっても多くの場合は完全に消去されたのではなく仮死状態にあるといえます。
大きく二つのケースにわけられます。

一つめはハードディスクの故障など、ディスクそのものにデータは記録されているものの、取り出す方法を失っているケースです。これは鍵をなくした金庫に似ています。中に大事な物が入っているものの、鍵がないので取り出せないのです。

二つめはデータそのものは存在するものの、利用ができない状態のものです。
・・・「データは存在しても、利用できないってどういうこと??」
バラバラになったジグソーパズルを想像してみてください。バラバラの状態だと何が描かれているかわかりませんが、模様が消えたわけではありませんよね。
データをゴミ箱にいれてカラにするとこの状態になります。

両方が同時に発生していることもあります。

なお、市販の消去ソフトなどで消去処理をしたもの、同名で上書き保存したものはデータが完全に消えている(上から塗りつぶされている)ため原理的に復旧できません。
| toooom | データ復旧 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
消えたデータがなぜ復旧できるの?
データが消えたといっても多くの場合は完全に消去されたのではなく仮死状態にあるといえます。
大きく二つのケースにわけられます。

一つめはハードディスクの故障など、ディスクそのものにデータは記録されているものの、取り出す方法を失っているケースです。これは鍵をなくした金庫に似ています。中に大事な物が入っているものの、鍵がないので取り出せないのです。

二つめはデータそのものは存在するものの、利用ができない状態のものです。
・・・「データは存在しても、利用できないってどういうこと??」
バラバラになったジグソーパズルを想像してみてください。バラバラの状態だと何が描かれているかわかりませんが、模様が消えたわけではありませんよね。
データをゴミ箱にいれてカラにするとこの状態になります。

両方が同時に発生していることもあります。

なお、市販の消去ソフトなどで消去処理をしたもの、同名で上書き保存したものはデータが完全に消えている(上から塗りつぶされている)ため原理的に復旧できません。
| toooom | データ復旧 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
データ復旧って何?

パソコンやデジカメなどで作られたデジタルデータはハードディスクやDVDといった「記録媒体」(記録メディア)に保存されます。この記録媒体に何らかのトラブルが発生し、読み込めなくなった状態から強制的にデータを取り出す技術のことを 「データ復旧」といいます。

Q1.どんなときに利用されるの?

本来、トラブル時に「バックアップ」からデータを復旧します。
しかし
・バックアップを取っていない 《これが原因のほとんどです》
・バックアップを戻せない 《バックアップメディアの問題など》
・バックアップが役に立たない 《データが最新でない、など》

このような非常事態に遭遇した場合の有効な回復策の一つとして、データ復旧サービスの利用を検討します。

Q2.『修理』と何がちがうの?

データ復旧と修理とは似ているようでスタンスがまったく異なります。
ちょっと比較してみましょう。

パソコンの修理
=パソコンの機能を取り戻すことに主眼を置きます。
たとえばハードディスクが故障した場合、新しいものに交換すればパソコンはその機能を取り戻します。しかし、新しいものに交換すれば当然データは戻りません。
データは消えてもパソコンは直る。これが修理の基本的なスタンスです。

データの復旧
=データを取り戻すことに主眼を置きます。
データを取り戻すためなら、分解や破壊といった修理とはむしろ逆になることも行います。たとえるなら交通事故で車に閉じ込められた人間を助け出すために、車のドアやガラスを破壊するのと同じことです。
パソコンは直らないが、データは助かる。これがデータ復旧の考え方です。

実はハードディスクというものは、中にデータを維持したまま修理をすることが非常に困難なのです。(これが「バックアップが重要」と言われているゆえんです)

つまり、中のデータを傷つけることなく、一時的にデータを取り出せる状態とする特殊な技術がデータ復旧サービスの本質なのです。

パソコンそのものはそれほど高価なものではなくなりました。しかし、パソコンに保存されているデータは一段と重要性を増しています。パソコンに事故が起こった場合には、パソコンが大切なのか、データが大切なのかをよく見極めることが大切です。


| toooom | データ復旧 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |